あぢぃぃぃぃ

あぢぃぃぃぃ

 
 
あるあるだよね?
猫舌じゃなくても、あるよね?
 
たまたま男だらけの現場でなめられてはならないと攻撃モードでいたわたくし。
お嬢さん扱いなんてされたくない!
食べるのだって男なみに速いと、見せつけるはずでしたが・・・
 
翌日、口の中がひと皮むけました。
ひとつ大人になったかな〜w
 
 

スポンサーサイト

わくわくツアー♪

PGI主催のおごりツアーに参加したよ。
遅刻だけどw
 
イベ中なのになんだかんだと仕事が忙しくて、あんまり遊べてないんだけど、
たっぷり遊べた〜と感じたのが今日のツアー。
 
白ダイス、☆ダイス、たくさん振ってくださる方が何人も出て、
 
376.png
こうきて、
374.png
こうなって、
375.png
これもんで、
373.png
こうだもんw
 
24時までの予定が25時まででしたw
 
そして、
みんなでゲットした宝石が10.8個よ!
(0.2は欠片ね)
すごいよね〜。
わたくしは無しですが、すっごく楽しかった〜^^
出た〜!の報告聞くだけでワクワクしちゃうしね。
みんなの気持ちが盛り上がってるのがわかるから、嬉しくなっちゃうの。
出なくても満ち足りた気持ちになれるの。
これこそ、ツアーの醍醐味かな。
実は疲れてて眠かったからパジャマで行ったんだけど、わくわくして最後までお供できちゃった〜^^
 
イベ期間が延長になったのにあわせ、PGIさんのおごりツアーも延長するそうですよ。
時間があう時は、みんな参加して、楽しんじゃおう〜♪
 

北欧神話ーヘルとバルドル

イベ中ですが、諸事情によりまとめる時間ができたので、北欧神話の続きです。
アーティさん、復旧がんばってください!!! 復旧しましたね♪)
 

新階層20階を経て、ヘルへイムに辿り着く。
そこにヘルが待っている。
 
最後のボスらしく、一度倒れたからっておわらない。
変態する!
どんな攻撃してきたとかって、う〜ん。
電撃ビリリのようなのとか、かまいたちのようなのとか、あった気がする。
赤い色や黒っぽいのも見た記憶があるので、様々な属性の攻撃をしてきてたのかも。
ん〜。どうなんでしょうね^^;
とにかく、衝撃的で、強かった。
間違いなく一番強い相手だと思う。
 
ヘル
はじめの姿

 
 
ヘル
 
北欧神話の世界の始まりは、極寒の地「ニヴルヘイム(ニフルヘイム)」と灼熱の地「ムスペルスヘイム」と、
その間にある大きな穴(ギンヌンガガプ)しかなかった。
その原初からあるニヴルヘイムの地下にヘルへイム(ニヴルヘル、ヘル)がある。
そこで死者を支配する者として君臨する女巨人ヘル。
 
ヘルのつづりは「Hel」古ノルド語も「Hel」
英語の「Hell」と語源は一緒だと、これは簡単に想像つくよね。
(「地獄」ってスウェーデン語もノルウェー語も「Hell」だけどオランダ語は「Hel」とまったく同一。古北欧ではヘル=地獄の名称、あるいは地獄そのものを指したそうだ)
 
彼女は幼少の頃、フェンリル兄さん、ヨルムンガンド兄さんと共に、
アース神たちによって母親から引き離された。
しかも、将来神々に禍をきたすということから、ヨルムンガンド兄さんは大海に放り投げられ、
ヘルちゃんも冥界の地、ニヴルヘイムの地下に投げられたんだ。
 
__オーディンはヘルをニヴルヘイムに投げ込み、9つの世界を支配する力を彼女に与えて、彼女のところに送られるすべての者たちに住居を割り当てることができるようにした。__
 <「ギュルヴィの惑わし」34章より>

 
「9つの世界」というのは、「巫女の予言」によると、北欧神話における全世界にあたる。
「9」という数字自体が神聖なものなので、
「9つの世界から成り立ってる神聖なる我らと神の世界」という感じなんだろう。
 
1.アース神の国_アースガルズ
2.ヴァン神族の国_ヴァナヘイム
3.妖精の国_アールヴへイム
4.灼熱の世界_ムスペルズへイム
5.人間界_ミズガルズ
6.巨人の国_ヨトゥンヘイム
7.死者の国_ヘルへイム
8.暗黒妖精(またはドヴェルグ)の国_スヴァルトアールヴヘイム
9.極寒の世界_ニヴルヘイム
となっている。
 
ヘルにはこれらの国々の支配力を与えられた、というのは、死者の支配に限ることのようだ。
「藁の上の死」いわゆる「不名誉な死」と言われる病死や老衰を迎えた者たちは、いやがおうでも死者の国へ行き、そこでヘルの支配下につくことになる。
ヴァルキュリャに選ばれた「偉大な死」を迎えられればヴァルハラに行けるが、その他は皆ヘルへイムに行くしかないようにもみえる。が、性別や階級によって死後の支配者は別れているから、ヘルへイムが大混雑と心配しなくてもいい。
 
死後の支配
女性はフレイヤのところへ行く(行ける)ようなんだ。
ただそこには、選ばれる条件があるようで、どんな条件があるかまでは調べられてない。なので( )にした。
 
 
死後どこへ行くのか。
アース神の信仰があった頃は、大体上の図のように考えられていた。
巨人族のもとへ行くより、できればアース神のもとへと願うのが普通の感覚だろう。
それは神も妖精も同じように願っただろう。
ヘルは9つの世界を支配するわけだから、巨人だろうが神だろうが関係なく「不名誉な死」をとげた者を自分の配下に置く。
アース神だってヘルへイム行きになるんだ。
アース神は老いないリンゴがあって、それによって老衰はまぬがれている。
けれど不慮の死がないわけじゃない。
神だろうが巨人だろうがドヴェルグだろうが、
「ヘルの元へ行く」=死
という会話になるぐらいなので、ヘルは会いたくない女性の第1位に選ばれていたのかもしれないw
 
__彼女の館はエーリューズニル(雨で濡れたもの)、皿はフングル(空腹)、ナイフはスルト(飢え)、下男はガングラティ(動作の遅い男)、下女はガングロト(動作の遅い女)、入口の敷居はファッランダ・フォラズ(けつまづく危険な所)、ベッドはケル(病床)、天蓋はブリーキャンダ・ベル(輝く災い)と呼ばれている。彼女は半身が青黒くて、残りの半身は普通の肌色をしている。だから彼女は容易に見分けられるし、相当にいかめしく、荒々しい顔つきをしている。__
 <「ギュルヴィの惑わし」34章より>

 
ヘルは半分青黒い。
腐ってるという翻訳もある。
パペガのヘルは、ちゃんと半分青黒くデザインされてる。
パペガでの顔はそんな恐そうに見えないけど、エッダによれば険しい顔のようだ。
居心地の悪そうな館にいるんだから、弱そうな顔じゃいられないよね。
それで、こんな絵になる。
 
800px-Hermod_before_Hela.jpg
ヘルモーズとヘル 1909、J. C. ドールマン
 
後ろの亡者の群れが何とも不気味だ。
エッダの文章から想像される、いかめしい顔つきだよ。
 
1024px-Lokis_Gezücht  
1905、E. ドープラー

これは3兄妹の絵だ。
フェンリルとヨルムンガンドと一緒。
奥には母親巨人の姿もみられるし、アース神たちに捕らえられる前だね。
 
今まで北欧神話をまとめてきて、現代絵画はほとんど載せてないんだけど、
これは秀逸! と思ったイラストがあるので載せておきたい。
「Norse Mythology」(http://www.viking-mythology.com/)で見つけたもの。

 
Hel.jpg
「ヘル」 ノルウェー語wikiから借用

残念ながら誰の絵なのかケバダチには見つけられなかった。
半分腐ってるどころか、朽ち落ちてしまって骨だ。
極端に見えるけれど、時間の経過を加味すればこれもありだろう。
時間経過を無視しても、この極端な対比は生と死を的確に表現しているよね。
さらにケバダチがいいと思ったのは肉のあるもう半身の描写。
その表情も強そうでいいし、肉体の若々しさもいいと思う。
胸の膨らみも処女のようでいい。
ヘルは処女だったと思うのよ。
冷たい死者の世界に君臨するのに、中年以降の肉体じゃ環境に負けそうだし、まして経産婦のような肉体は似つかわしくない。
ケバダチはヘルに若さを求めたいの。
というのは…
もしかしたら、ヘルは恋をしたのかもしれない、とケバダチは思っているから。
バルドルにね。
 
 
 
バルドル
balder-portrait.jpg
「Balder」1900、J. ライヒ
 
バルドル(バルデル、バルドゥル)はアース神。
オーディンと正妻フリッグとの子。
ヘルはこのバルドルに恋心を抱いたんじゃないか? とケバダチはひっそりと思っている。
 
__オーディンのもう1人の息子がバルドルで、彼についてはよいことばかり語られている。彼は最もすぐれた神で、誰一人彼をたたえない者はない。容貌が、それは美しく、輝いているので、彼から光が発しているほどだ。(略)これから、お前は、彼の髪と身体の美しさを推して知るべきだ。__
 <「ギュルヴィの惑わし」22章より>

 
ヘイムッダルもアース神で一番美しいという文章があったけれど、バルドルも輝くほどの美しさをもっていたという。
主神の息子なのだから、美の貴公子といったところ。
白いまつげと輝く美貌。
雄弁でいつくしみ深い。
誰からも愛された王子様のような存在。
優しすぎて優柔不断のところもあったようだが、それもご愛敬かな。
神様だって完璧はいない、ところがいいよね。
(これは動詞の読み方で正反対の意味にも解釈できる。完璧なる神とする文章もあるけれど、それを否定するようなエッダもいくつかあって異論がつきぬところのようだ。ケバダチは優柔不断というマイナス面のある神とする説を支持)
 
妻にナンナ。
フォルセティという息子は正義の神で、父の優柔不断をカバーするかのように優れた審判者だ。
バルドルの館ブレイザブリクはアースガルドの中でも天上にあり、不浄なものの入ることは許されない
天国と地獄じゃないけれど、死者の世界が地下深いのに対して、アースは標高高い所にあるし、その中でもバルドルの館は一段と高い所にあった。
それだけ聖なる存在としてバルドルがいる。
 
バルドル像
「バルドル」1840、大理石、B. フォーゲルバーグ

そんなバルドルが神として何をしたかはわからない。
神話に残されてないようなんだ。
研究者によると「光の神?」「植物の神?」という感じ。
わかってない。
けれどバルドルが有名なのは、美しいから。ではなく、彼の死がラグナロクへの引き金となったから。
彼は、ロキの策略によってヤドリギの若木がささり死んでしまう。
上の図をみて。
「戦死」じゃない。「戦死者以外」だ。
「海難事故死」でもない。
つまり「その他」でヘルのもとへ行くんだ。
 
アースの神々は嘆き悲しんだ。
元々、バルドル自身が命が危ぶまれる不吉な夢を見た時から、神々はどうにか防ごうとしていた。
相談の上、あらゆる危険からの安全保障を求めることが決められた。
父のオーディンは「バルドルの夢=予知夢」の真実を知るため、ヘルへイムにまで足を運んで事情を聞き出そうとする。
スレイプニルに乗ってニヴルヘイムまでくると、胸の辺りを血で染めたガルムが吠えてくる。(死者を食べたからだろう)
それを乗り越えヘルの館にたどりつく。
そして死者を目覚めさせる魔法の歌を歌うと、ひとりの女が起き上がり死者の言葉を語る。
 
ここにはバルドルのためにかもされた蜜酒が、輝く飲物があり、楯がそれをおおうています。アース神の子らは絶望しています。やむなく語りました。ここで口をつぐむことにしましょう。
 <「バルドルの夢」7章>

 
「バルドルのためにかもされた蜜酒」というのだから、バルドルを迎える準備をしているということだ。
そしてアースの神々は絶望するという予言だね。
女はすぐに口をつぐもうとするが、オーディンは何とか情報を得ようとする。
すると、バルドルの殺し手はヘズ(ホズ)だという。
ヘズもまたオーディンの息子だ。
バルドルとは腹違いの兄弟。
 
恐ろしい予言に肩を落として戻ったオーディン。
しかしフリッグが9つの世界中を旅して、ありとあらゆるものから(火と水、鉄とその他の金属、岩石、大地、樹木、病、鳥、毒、蛇などから)息子を傷つけないという誓いを立ててもらってきたと知る。
母は強し! だね。
避けられない運命のようだと落ち込んでる父親とは違うよw
 
フリッグのとりつけた誓いによって、バルドルを傷つけるものはなくなったはずだ。
本当に不死身になったかどうか確かめることにして、バルドルめがけて石を投げつけることにした。
すると、バルドルは傷つかなかった。
力一杯なげたり、槍を投げたりもしたが、バルドルを傷つけるものはない。
剣をふりかざしたものもいたが、平気だ。
何を投げても、何をしても、バルドルは微笑んで立っていられた。
このことにアースの神々は大いに喜んだ。
ロキを除いて。
 
ロキは老女に変身してフリッグに尋ねる。
すると、宿り木からは誓いをもらってないことを聞き出した。
弱々しい植物がバルドルを傷つける心配はないだろうと思ったフリッグは、宿り木だけは除外してたんだ。
そこでロキは宿り木を手にしてヘズに近づく。
バルドルへ何かを投げつけるのは、アース神たちの安心ゲームのようになっていた。
ヘズは盲目だったのでそこに参加できないでいる。
ロキは言葉巧みにヘズに宿り木を握らせ、手助けするようなふりで狙いを定めさせ、投げつけさせた。
それはバルドルの胸を貫いた。
バルドルはたちまち倒れ、息絶えた。
 
balder-death-painting.jpg
「バルドルの死」1817、E. W. エッカースペア
中央がオーディン。隣にトール。左に投げたヘズとその後ろにロキ。
 
バルドルが倒れたとき、すべてのアースたちは口がきけなくなり、彼を抱きおこす手もなえたそうだ。
互いに顔をみあわせ、これをやった者へ皆の思いは向けられたが、誰も復讐することはできなかった。
そこはとても神聖な場所だったから。
(血を流すことを禁じられていた)
それに、口をきこうとしたとき、先に涙が出ていて、誰もその悲しみを語ることができなかった。
その状況がよく現れてる絵だよね。
 
呆然とたたずんでいた神々もやがて正気に返る。
息子の死を悲しむフリッグの哀願にこたえ、ヘルモーズ(オーディンの子。バルドルと腹違いの兄弟)がバルドルの身代金を差し出すためにヘルへイムへ派遣された。
身代金と引き替えに、バルドルを生き返らせてほしいということだ。
母親の嘆きは当然として、アース神たちにとってもバルドルがいないのは光がないように思えたんだろう。
できることなら戻ってきてほしい。
神たちの願いを背負ってヘルモーズはヘルへイムへ向かう。
その道はとても険しくて困難だ。
オーディンにスレイプニルを貸し出してもらって向かう。
スレイプニルをもってしても9夜かかる道。
そしていよいよ、ヘルの館に入っていくと、バルドルが高座に腰掛けているのが見えた
 
バルドル写本
「バルドル返還を求めるヘルモーズ」1760、オウーラヴル・ブリニュウルフソンの写本挿絵
ヘルは顔が青く描かれている。その奥にいるのがバルドル

 
わたくしがヘルが恋したかもしれない、と思ったのはこの「高座に腰掛けている」というのがきっかけ。
高座だよ。
一般席じゃないんだ。
ヘルのもとへ来たのなら、神も巨人も人間も同じだ。
地獄の沙汰も金次第なんて言葉もあるけれど、バルドルが大金を持ってヘルへイムに行ったわけじゃない。
それなのに、そこで君臨するヘルと同等の席が設けられている。
ちょっと引っ掛からない?

バルドルを生き返らせる条件としてヘルが提示したのは、莫大な身代金ではなかった。
「もしも世界中のものが、生きているものも死んでいるものも、彼のために涙を流したならば、彼をアースたちのところに帰らせてやろう。だが、もしも誰かが反対したり涙を流そうとしなかったならば、ヘルのもとに留まるらせる」
バルドルの死によっていかに多くの涙がアースで流されているかをヘルモーズはヘルに話した。
それでヘルはこんな条件を出したんだ。
とても難しいことだよね。
お金で解決するほうが簡単だろう。
バルドルを離す気などヘルにはない。そう思える。
 
ヘルのもとへ来る死者は病死や老衰による死者が多い。
魅力的な外見とはいえないよね。
一方バルドルは、死ぬ寸前まで、朗らかに笑う健康な若者だった。
しかもアースでもっとも美しい神だ。
心根も顔に出る。
優柔不断なぐらいに優しければ、ただ美しいだけでなく惹きつける人相だっただろう。
そんなバルドルを迎え入れたヘル。
ものすごい衝撃を味わったんじゃないだろうかな。
こんなに美しい者が自分の館に来るなんて、想像したこともないだろう。
死者の館から離れたことのないヘルが、恋したことなんてあるだろうか。
やってきた死者を好きになるなんてなかったと思う。
けれど、美しいバルドルが現れた。
衝撃的だったと思うよ。
それで、ヘルはバルドルに一目惚れをし、高座を与えたんじゃないかと。。。
 
ただ、残念なことに、バルドルの妻ナンナもそこにいた。
夫の死を嘆き悲しみ、胸が張り裂けて死んでしまったんだ。
それで、バルドルと共に船葬されていて、結果ヘルのもとに来ていた。
ヘルはバルドルに恋したかもしれない。
けれどそれは実らぬ恋で、告白することもなく、失恋も決まっていた。とケバダチは思うのです。
 
ヘルは死者の国の王としているだけじゃなかった。
迎え入れた死者の審判をしてふさわしい部屋を割り振ってた。
閻魔大王のような役割なのかな。
幼少時にそこに投げ込まれた時からやってきた仕事だ。
相応に公平だっただろう。
バルドルの死は早すぎだ。
死因もバルドルに非があるわけじゃない。
ヘルモーズの申し出を受け入れても悪くはないだろう。
けれど、条件は厳しすぎでバルドルを離す気がないとしか思えない。
理由として、惚れた相手、というだけじゃない。
ナンナと離ればなれにしないためでもあったんじゃないかと思う。
 
ヘルモーズはアースを代表してバルドルの返還を申し出にきた。
ナンナのことは触れていない。
もし、身代金で返してしまったら、夫婦はまた別れ別れになってしまう。
愛しい人を側において、その顔を見ていたいという欲もあったと思うが、
悲しみの余り死んでしまうほどの愛情を愛しい人に注いでくれるナンナと、バルドルを引き離してはいけないと考えたんじゃないかと思う。
恋敵という気持ちよりも、好きな人を大事にしてくれる人という目でナンナを見たんじゃないかな。
 
と長く書いてしまったけれど、これはあくまでもケバダチの新説。
(珍説かなw)
巨人だろうがなんだろうが、この世に生を受けたんだから、恋の1度ぐらいさせてあげてもいいじゃない。
ねぇ。そう思わない?
 
 
さて、結果。
ヘルモーズから返還の条件をきいたアース神たちは、全世界に「バルドルのために涙を流すよう」使者を送った。
人間も生物も大地も岩石も木もあらゆる金属も。
泣いた。
けれど、バルドルはアースには戻れなかった。
泣くことを拒否した女巨人がひとりいたからだ。
ロキが変身してたんだけどね。
 
バルドルは、ナンナと夫婦でヘルへイムに長く住むことになった。
そしてラグナロク後。
新たな大地が生まれ、生き残ったわずかな者でそこに新しい世界を作っていく。
ここに、バルドルはヘズ(ヴァーリ<彼も腹違いの兄弟w>によって殺害された)と手を携えてヘルへイムから復活して、世界の新生にたずさわる。
ヘルへイムにいたから猛火を避けられたんで、結果オーライって感じかなw
 
 
ヘルに関する神話というのはこれぐらいなんだ。
神々に甚大なる災いをもたらすと予言されていた3兄妹。
フェンリルがオーディンを、ヨルムンガンドがトールを亡き者にしたラグナロクで、ヘルは何もしていない。
(もしかしたら船を作り上げているかもしれないけれど…)
彼女は死者の国を統括していただけだろう。
地上すべてが焼き尽くされても、極寒の地の地下深いヘルへイムまで炎は届かなかったということだし、
彼女はそこで毎日粛々と、やってくる死者達を審判し部屋を割り当てていたんだろう。
最初オーディンがヘルをニヴルヘイムに投げつけたを読んだ時、ひどい神様だと思ったけれど、これは悪くなかったのかと今は思える。
ただ投げ込まれただけなら、憎悪をふくらませるだけだったかもしれない。
ヘルに対しては権限を与え、仕事を与えていたのが良かったのかな。
人間、仕事とそれに見合う報酬(ヘルの場合支配権)が与えられたら、よこしまな考えなど浮かばない、ということなんだろうね。
(人間じゃなくて巨人だけどね)
 
 
さてさて、スプレンドルミサスの北欧神話モンスターはこれで終わった。
あとは、ラグナロクとロキをまとめようと思う。
あと2回ぐらいで終わる予定。。。
 
 

チャート式パペガ占い

知恵熱で動けなく、寝るしかなかったのに、
「だって、建築シロウトだもん!」と、占いをしていたケバダチです。
頭が重いよ〜とうなりながら、Yes、Noと指でたどっているわたくし。
パペガのチャート式占いで「一般のにぎやかし」と結果がでていたのです。
夢ですけどw
 
ということで、夢に出たチャート式を、作ってみました。
こんな感じ。
まぁ、わたくしのイメージなだけですけど^^;
わかってないことも多々ありますので、あくまでもおふざけです。
イベントで疲れ、ちょっとひと息つきたい時にどうぞ。

パペガチャート


A:純血の戦闘民族
攻撃は最大の防御を実践。攻撃の中に美学を求める種族。
華麗な攻撃がみえないエフェクトOFFなんて考えられません。
アングリーパンプキンを怒らせる?
ごめん。怒らせるもなにも、一発であの世に送ってしまうんだ。強すぎてごめ〜ん。
 
B:華麗なるファッション勢
子は親の鏡。アバターはプレイヤーの鏡。限られたアイテムから最高に美しいパペットをあやつる種族。
普段からオシャレに敏感な私のパペットがださいなんて有り得ない!
もちろん、従者たちも完璧にコーデ。オシャレのためならどこまでもアイテムをとりに行きます。
倉庫1,000ぐらいじゃ足りません。どうにかして〜。
 
C:将来有望商売人
短期間、いえ時間で変動する相場さえも読み取り、たくみに売買を成功させる商才の種族。
表立ってはいないけれどパペガの面白さの1つ、商取引。このうま味を知った商売人は、
小さなビジネスチャンスも見逃さない情報収集と時流を見抜く目は抜群。
ここで培った商才と、語学センスを磨いて、世界で活躍しましょう!
 
D:一般人
ごく普通の一般人。にぎやかし。この種族がいるからこそ、穏やかなパペガ界になる大切な存在。
ほどほどに戦闘力をあげる努力をし、それなりにファッションも楽しみ、
ビッグチャンスにはちょっと乗り遅れるけど、それなりに売り買いで得をしたと思い、フレとおしゃべりを楽しむ。
宝石を拾えば喜び、困ってるフレにはそれなりのものでも安価で譲ってしまう、心優しき人々。
 
E:匠の建築家
部屋作りに情熱を燃やし続ける建築家。こだわりの匠がいる。イベでもないのに5の塔にいるのはこの種族。
オシャレは下着から。建築の基礎は土台から。人が見ない細部までこだわり抜く職人気質。
レイアウトに遊び時間のほとんどを費やしているので、拾い集めなくてもダイスが余り気味。
え? 7の塔もおいしい? あ、そうでしたね。5と7の塔ならおごってもらえそうです。
 
F:クールな頭脳派
頭脳プレイはお手のもの。その場その場の攻守を緻密に計算し結果を出す種族。
使えないアイテムはいりません。無駄なものは無用です。
倉庫スッキリ。いつでも身軽。頭脳さえあれば問題ないのです。
もう少し手応えのあるヤツと対戦したい〜。
 
G:博学のコレクター
カードの所有数選手権があれば、すぐにエントリーできる種族。
使えないカード? いえいえ、そんなものありません。
どんなカードも使いようで、その特性から図柄だって諳んじられるのがこの種族。
通行禁止区域が少しでも開放されるといのになぁ。秘密部屋とかありそうだよなぁ。。。そうですね。
 
H:発熱?
熱が上がる前はひどい寒気に見舞われます。
見た目など気にせず、今すぐ体を温めてください。
 
X:仙人?
パペガもマジカもアヴァロンもやり尽くし、悟りの境地に至った仙人かもしれません。
痴呆の原因になるので、今すぐにでも何か新しいゲームを始めて脳を刺激しましょう。
 
 
結果はどうでしたか?
あくまでもおふざけですので、そこのところお含みください^^;
 
 

とりあえず完成!

お部屋のレイアウトなんて、慣れないことをして
知恵熱を出して寝込んだ←リアルな話
ケバダチですw
 
よく眠れるもんです。
これ以上寝たくないので、ぼわ〜っと起きて、完成させました!
建築勢の方々の足元に及ばないのはわかりきっております。
自分なりに納得できたので、一応完成ということでお披露目です。
 
ハロウィン用room
 
建築テーマは「月を生かす」
前にも書きましたが、田舎のカボチャ畑にあるちょっとした聖なる場所から、ゴースト達が遊びに出てくる夜です。
コンセプトは「ドジでも歩ける部屋づくり」ですw
わたくし、部屋歩きが下手なんですよ。
ステキなお部屋に出会えると、わくわくと歩きますが、引っ掛かってしまって泣く泣くescボタンを押すのが常。
そんな下手っぴでも歩ける部屋です。
 
それと2扉と4扉を直線でつなぐことが参加条件でしたので、
それならばと、1扉と3扉も直線にして、立体にしました。
単純な部屋でも動線が立体的だと、ちょっとは楽しいでしょ?
 
動線
こんな感じね。
 
367.png
 
お部屋に来たら、
 
368.png
 
ハティを見てやってください。
神話では月を追う灰色のオオカミなんだけど、月明かりで黒く見えちゃうでしょ?
そんな感じにしました。
 
369.png
 
下には階段で移動。(わたくし、これも苦手なんですけどねw)
 
370.png
 
もうあとは、カボチャ畑だろうが、なんだろうが、ズカズカ入って歩いてください。
 
371.png
 
水分補給も忘れずに。
熱を下げるには水を飲まないとね。
「こら、カラス、邪魔だよ」
 
372.png
 
ほんと、なんてことない部屋ですが、来場記念にゴーストの口から顔でも出してやってください。
 
これで今夜またぐっすり眠れば熱も落ちつくでしょう。
そしていよいよイベに参加ですよ。
ひととおりは歩きましたが、すぐ5の塔へ引き返し。
誰もいないけど石灰岩のためにぐるぐる回ってたんですよ〜w
明日からはイベ会場回るよ!
今年こそカボチャの洋服作りたいしね。
がんばる〜!
 
 
【追記】
 
ちょこっと手直ししての最終形
 
room3.png



カボチャはマジカで

かぼちゃ祭りが始まりましたね!!!
 
久し振りに(数日ぶりだけどw)マジカに入るとすぐにBGMが変化。
あ〜〜〜、そうよそうよ。これよこれ!
 
358.png

ねらっていたパンプキンボムももらえるし、パペガ界では髪のもとの細長いひげも。
わくわくしちゃうよね。
種ももらって、何になったのかさっぱりわからないから嬉しいのです。
 
メモリの少ないわたくし。
至近のことは覚えていても、過去のことはすでに上書きされていてわかりません。
ブログもちゃんと情報をメモしておけばいいのに、気分と妄想のマンガが中心なんで、振り返っても役に立たない。
なので、2回目のハロウィンイベントですが、初めてのように感動して楽しめるのです!
お得でしょw
 
去年は1の塔をぐるぐるしていたことは覚えてるのよ。
アングリーパンプキンがおもしろくてw
それにカボチャを集めたかったから。
正直言うと、2の塔は暗くて好きじゃないの。(バジさんごめん)
だからって7の塔のラストマスはヴァンパイア夫婦が強くて恐い。
それで1の塔を楽しく回っていたの。
今年は新しいモンスターが出るというし、一通りは回るけれど、
ハロウィンロードの部屋作りに必要な「カボチャ」集めが優先。
やっぱり今年も1の塔が中心になりそう ♪
 
ということでパペガに行ったんだけど、
 
360.png
361.png
 
ひどいよね、この結果。
5周するまでカボチャ1つも出ませんでした!!!
脅威のキャンディー率。
去年もこうだった?
全く覚えてないんだけど、パンプキンからカボチャをとると思っているからショックと動揺が隠せません。
ぜいぜい・・・
 
それで気分転換。
焦ってるといいことないのよ。
楽しくやらないとね。
それで、新しいペットを契約。
 
362.png

芸がないけど、名前はカボチャw
 
363.png
 
楽しい気持ちでいると、ほら、ちゃんと止まれる。
2マス目にちゃんとジャイアントワーウルフも確認した。(スクショ忘れたけど)
 
364.png
 
新しいおばけモンスターは闇の力があるのかな?
カボチャぶるぶるしてる。
 
365.png
 
凍らせてもくるんだね。
仲間になって早々の攻撃で、ズッカ先にロビーへ戻っちゃったw ごめんよ〜。
 
そして再び1の塔に戻ったんだけど、アングリーには会えないし、相変わらずキャンディーばかり手にして、
傷心でマジカロス。
 
ところがマジカでカボチャがとれるってわかったの!
カボ蜘蛛から!
 
366.png
 
良かった!
カボチャ集まらなければカボチャ祭りじゃないよね!
マジカで使いたいカボチャはマジカで集める!
これが原則ね^^
 
トルソーの課題もカボチャ関係で集めなくちゃならないものはたくさんあるけど、とりあえず今はカボチャだけが狙いです。
しばらくマジカ中心でやるしかないね。
 
あ、それと、水袋2Sで出してくださる方がいらっしゃって、すごく助かってます。
この場で御礼申し上げます。
ほんとは自力で集めたくてマジカの会員もなったんですが、自力ペースでは間に合いません。
ちょこちょこっと見つけては買わせてもらってます。
ありがとうございます<(_ _)>
 
 

みんなつなごう! ハロウィンロード

いま進行中の企画「ハロウィンロード」歩いてみた?
楽しいよ♪
みんな歩いてみてみて。
それで、続きにつなげちゃおうよ♪
 
建築勢でもないのに参加してるわたくしケバダチは、
他の部屋をみると左右されそうになるからと、滅多に歩きませんw
でも、掲示板のレスも増えてるし、どこまで続いてるのかな〜と、さきほど歩いてきました。
楽しいわよ〜♪
こういうところにも個性が出てくるのね〜。
パペットをどんなコーデにしているか、それにも個性が出るものだけど、
部屋づくりはそれが顕著なのかな。
顔もわからないその部屋の人を、こんな感じの人かな〜と想像するのもおもしろい。
テーマが「ハロウィン」と狭められてるのもいいのよね。
日本でのハロウィンは他と違う意味合いであるように、それぞれ違うハロウィンなのよ。
お部屋作りゲームであるマジカロスならではの企画。
(コルクさん、ナイスです!)
今後はクリスマスロードがあったり、桜ロードがあってもいいかもしれないわ。
 
かくいうわたくしは、何度か書いてますが、未だ材料不足に四苦八苦しております^^;
明日から数日INできそうにないので、開き直りムード。
ハロウィンイベントが始まったらできる!
期日までに仕上げればいいんだ!
(だめだったら離脱すればいいしね^^; それはいや〜〜〜)
 
で、どういうのをやってるかというと、
満月のきれいな壁紙を作ったところでこの企画に気付いたので、
「満月を生かす」を個人テーマにしています。
 
355.png

こうなの。
オオカミにみえる?
まだ見えないよねw
ハティにしたいの。
北欧神話をまとめてるんだから、やはりそれをもってこないとケバダチらしくないでしょw
 
354.png
 
扉をはずすとこうなるの。
ちょうど、オオカミの下あごの毛並みに見える感じにしてるの。
ただ、これって、レイアウトしてる本人にしか見えないのよねぇw
 
これ、ちょうど角のところなんで、ブロックをどう重ねれば思うような図柄になるか、まだよくわかってない。
下手にいじると扉がひょいと上に上がってきちゃってやりなおしになるので、
最後の最後で手直ししていく予定なの。
 
あとは、ハロウィンらしく「ゴースト」
 
356.png
 
これはカタルシスイベでペットになってたおばけちゃん。
ちょっと違う?
え? かなり違うって?w
 
357.png
 
そして、ここがカボチャ畑になる予定。
アメリカもそうだけど、ハンガリーの田舎のイメージが頭にあるの。
田舎の街道沿いに、聖なるものがちょっと建てられてることあるでしょう。
お墓も聖なる場所っていうしね。
カボチャ畑の中の小さな聖なる場所から、ゴースト達がいたずらに目を覚ましてきた、
という感じにしたいの。
(ガーゴイルがいるんじゃ聖なる場所じゃないけど、何かの像がほしかったからw)
 
……だけど、
カボチャの在庫もないし、畑の土の材料もなかなか集まらないし、
さっきは2Sで球根を買い込んでたら、802Sなんていう高額な球根を買ってしまっていて、とほほです;;
とにかくここら辺はイベントが始まってから材料集めして、どうにかしないとね。
そして、最後に4扉をゴーストに掴ませる予定。
 
構想はできてるんですけどね〜^^;
なかなか難しいです。
でも、参加したからこそ、未完成ながらもここまで形になったんですよ。
参加してなかったら、構想だけで終わってるものw
建築勢じゃないからこそ、プロが考えないようなことしちゃえるでしょ?
なにより、参加することに意義がある!
 
だから、みんな、参加しよ!
24日までに完成させればいいんだから。
材料には四苦八苦させられるけど、
楽しいよ♪
 
 



ハロウィンイベの新家具?

ハロウィンだけど
新家具って?


ハロウィンイベントの告知があって、いよいよという感じですね。
新しい家具ってどんなのかなぁ。
限定家具には合成できないユニークなものが出ると思うけど、
合成家具には汎用性の高いものがいいな〜と思ってるケバダチです。
まぁ、あまり部屋作りには熱心じゃないんですが、
ハロウィンロードに参加しちゃってるので、建築勢の気持ちがちょこっとわかってきたところです。
それで、ブロックのカラーバリエーションがほしいと、個人的な願望をバジさんに代弁させましたw
 
ところで、
ジャイアントワーウルフはリストラされたままなの?
いえいえ、きっと、マジカのほうで大量発生させてくれるんですよね?
そうですよね? 運営さん。
期待しています!
 
 
【追記】
翌日(13日)告知にこっそりと、ジャイアントワーウルフが復活されてました。
ほんとに忘れてたのね、アーティさんwww
 
 

北欧神話ーヨルムンガンド vs トール

ヨルムンガンド
 
とうとうきました20階層のヨルムンガンド。
スクショはね、訪れた2回ともあきらめたの。
大きすぎて><
画面に入りきれないの。
どこをどう切り取ったらいいかわからないと思ったし、弱々のわたくしは「とにかく死なない」使命がございました。
このヨルムンガンドに関しては、フレさんの動画から切り取らせていただきました。(無許可だけどw)
 
ヨルムンガンド
元の動画はこちら「ちるちる備忘録
 
 
パペットの大きさからも巨大なのがわかるよね。

ヨルムンガンド(ミズガルズ蛇、ミッドガルド大蛇、世界蛇)はアース神族に所属するロキと、巨人族のアングルボザとの間の子。
フェンリル、ヘルと共にラグナロクでアース神族をおびやかす3兄妹の真ん中。♂。
アース神族の仲間になってるロキだけど、本来彼は純然たる巨人族。
なので、ヨルムンガンドはいわゆる純血の巨人なんだ。
 
フェンリルの記事でも書いたが、この3兄妹からはなはだしい禍いと不幸がおこるだろうという予言により、アース神たちによってヨトゥンヘイムから捕らえられ、ヨルムンガンドは大地を取りまく深淵の海に投げ入れられたんだ。
まだ子どものうちにだ。
驚いたねぇ。蛇なら海に投げてもいいの?
鳥ならまだひよこちゃんの状態だよ。
ペンギンのひなでもいいよ。
禍の種になると予言されたからって、ひなを深〜い海に投げ入れるって、普通の感覚じゃできないよねぇ。
それができるのが神ゆえなのね。
アース神族はそうしたんだ。
 
でも彼は死ななかった。
最終的にはミズガルズ(人間の世界)を含む大地を一回りして、自分の尻尾を咥えるほどに成長した。
それでミズガルズ蛇とも言われる。
その姿はまるで大地を締めつけているようだったそうだ。
古ノルド語でJörmungandrなんだけど、神話の地元北欧ではMidgårdsormen、Miðgarðsormur、Midgardsormenという感じで、ヨルムンガンドというよりミズガルズ蛇の呼称がメジャー。
次に上げたブローチは古いものだけど今でもヨルムンガンドのブローチは色々ある。
それを検索するのにはミズガルズ蛇で検索したほうがヒットしやすい。
911を日本では「ナインイレブン」なんて言い方をするけれど、米国では?になってセプテンバーイレブンと言わないと通じないのに似ているかも。

 
ヨルムンブローチ
7世紀、ヨルムンガンドをデザインしたブローチ

 
ラグナロクでは兄のフェンリルと共に、他の巨人も引き連れアースガルドに攻め入っていく。
海からその巨体を浮上させ大地を這っていくんだ。
当然、大津波がおこる。
彼の起こす大津波で地上は洗われ、ミズガルズの人間の多くがその波に呑まれた。
また、空と大地は彼の吐く毒に覆われたという。
ヨルムンガンドの相手はトールだ。
戦いの末、ミョルニルの槌によって頭を砕かれて死ぬ。
が、トールは吐かれた毒によって、9歩退いたところで息絶えて大地に倒れる。
 
ということで、最後はトールと相打ちでやられてしまったわけだが、実はその前に2度ほど勝負していた。
 
 
トール
 
kvesv0428s.jpg
「トール神」ユールゴーデン橋、ストックホルム、スウェーデン

トール(ソール。言語の読みとしてはトールよりソールの方が近いがソールという神が別にいるので日本ではトールと表記されることが多い)はアース神。
雷神。天候、農耕の神。神々と人間の守護者。奴隷達の死後の支配者。
赤ヒゲが特徴の大男。大食漢。
乱暴者であり正直者。激しやすいが弱い人間には優しい。
父はオーディン。母は大地の女神フィヨルギュン(ヨルズ)。
(ヨルズってオーディンの娘なんだよね。ヴァン神族の近親婚を否定するくせにオーディンこそむにゃむにゃむにゃ)
妻は金髪が自慢のシヴとヤールンサクサがいる。
それぞれと息子をもうけていて、息子たちはラグナロクを生き延び、父の残したミョルニルを手に新世界を作っていく。
 
ミョルニルはドヴェルグの作った魔法の槌で(グリンブルスティと神々の宝の誕生参照)、創造力と破壊力の象徴でもある。
同時に、豊穣、再生、幸運の源だった。
ヴァイキング時代になると農民の間で厚い信仰を得、結婚式に斧や槌が花嫁への神聖な贈り物となった。
アイスランドやノルウェーで見られるトールステンという姓は、このトール(農耕神)にちなんで名付けたそうだ。
アースの3大神といえばオーディン、トール、フレイなのだが、その中心にトールを置かれた絵やタペストリーなど多数残っている。
信仰の強さの現れだろう。
 
800px-Thor_statue_reproduction.jpg
「トール神」青銅像、11世紀、アイスランド

800px-Three_kings_or_three_gods.jpg
「3大神のタペストリー」12世紀、スコーグ教会、スウェーデン
左から槍(?)をもったオーディン、中央にミョルニルをもったトール、稲穂をもったフレイが描かれている

  
まぁ、トールは北欧神話でも有名な神なので、ちょっとググれば色々出てくるんでそちらを参照。
彼はアース神だけど、巨人族に似ていたんだ。
外見も性格も。
アース神は一応知的で美しい、とされている。
トールはでかいし、力自慢だし、大食らいだし、怒りやすいし、単純だし、目は燃えるような目だったそうだし・・・w
とにかくアース神全員の力を足しても、トールの方が強いと言われていた。
それで巨人族にとって、トールがもっとも脅威なアース神だったんだ。
もとから脅威だったのに、ミョルニルの槌を手にしてしまった。
ガクブルだっただろうな巨人族。
ミョルニル自体、狙い定めたら必ず仕留める魔法の武器だし、その力を増幅するものをトールはもっていた。
鉄の手袋と力帯だ。
力帯を腹にしめるとトール自身の力が倍増したそうだし、鉄の手袋をはめると、ミョルニルをがっちり握り締めることができた。
ミョルニルは少し柄が短いという短所があって、素手では握りづらかった。それを鉄の手袋が補ってくれたようだ。
これによってミョルニルの威力も増し、最強のアース神ができあがった。
 
 
ヨルムンガンドとの第1回戦
 
東の海岸線に巨人たちの住む世界ヨトゥンヘイムがある。
他の神は近づこうとしないこのヨトゥンヘイムへ、トールは何度か巨人退治に訪れている。
この時もミズガルズに寄り、さらに東方のヨトゥンヘイムへ。
途中で連れることになった人間の少年と、ロキと一緒に3人で足を延ばした。
 
ある城を訪れた。とても大きな城だ。
彼らがそのてっぺんまで見上げる前に、うなじが背にくっついた。ほどの大きさだw
その城の主はウートガルザ(ウトガルド)=ロキという名だった。(ロキとは別人)
城主がいうには、この城では何か自慢できる技芸をもってなければ留まれないという。
それでロキやミズガルズからお供をしている少年も、そこで勝負するけれど、負けてしまう。
トールも勝負するけれど、負けてしまう。
実はウートガルザ=ロキは、その前に変身してトールの前に現れていた。
トールの力をいやというほど思い知っていて城に寄らせたくはなかったが来てしまったので、幻影によってトール達を打ち負かし追い出そうとしたんだ。
ウトガルザ
 
ロキが早食いで競争した相手は「野火」だった。
それで骨も桶も焼き尽くし、ロキは負けてしまった。
トールの共をした少年が走った相手は、ウートガルザ=ロキの「思考」だった。
思考のスピードにはどんなアスリートも勝てやしない。
トールが酒飲みをした角杯の端は、海の中に入っていたという。
悔しさもあって、本気で飲み続けたトールだったけれど、海の水を飲んでいたのなら、底をつくなんて到底無理。
しかし、それが明らかにされたのは一夜明けてから。
幻影と知らぬまま、真剣勝負で歯が立たないトールたち。
こんな屈辱はなかった。
どうにか勝てるものをと、自慢の「力勝負」を申し出る。
その1つが巨大な猫を持ち上げるというものだった。
 
ウトガルザ2

 
800px-Thor_lifts_the_cat.jpg
「ウトガルド=ロキの幻影による猫を持ち上げるトール」1872

 
その巨大猫はヨルムンガンドだった。
その体全体を持ち上げるなんて、誰にだってできないことだ。
幻影の猫でもそうだ。
トールは片足が大地から離れたところまでしか持ち上げられなかった。
煮え湯を飲まされたトール。
 
この時のヨルムンガンドに敵意はなかったのか。
それとも、何か石ころでもお腹が踏んでるのか? そう感じるぐらいだったのか。
トールもヨルムンガンドも、宿敵と対峙してると気付かぬまま勝負していて、トールは負けていたんだ。
 
ヨルムンガンドとの第2回戦
 
幻影相手に闘っていたと知ったトールの怒りは収まらない。
特に、ミズガルズの大蛇と一騎打ちしていたことに決着をつけなければと、
帰宅してもあわただしく旅支度をして、今度は若者に変装してひとりで出掛けた。
 
ミズガルズ蛇なので、ミズガルズを探し歩き、ヒュミルという巨人の家に泊まった。
そして翌朝、ヒュミルの漁を手伝うといいだす。
若者に変装していたので、ヒュミルは若僧に何ができるとバカにしていたが、
トールは持ち前の筋力で、船を漕ぐにも巨人が驚くようなパワーをみせていく。
 
やがて、これより沖はヨルムンガンドがいて危険な地域だからとヒュミルは止めるが、トールは好都合とさらに漕いでいく。
ヒュミルは若僧(トール)があまりにも強気でいるに対し、この頃にはすっかり怖じ気づいていた。
トールは構わず、ヒュミルの飼っている中でもっとも大きな牛の首を引き抜いてきていた。
それを餌に釣りを始めた。
そして思惑どおり、その餌にヨルムンガンドがくらいついた。
 
トールの釣り
 
ヒュミルはあまりにも大きなヨルムンガンドに恐れおののいた。
その眼が睨んだのか。
その毒気を吹き付けられたのか。
ヒュミルは蛇を見、海水が船の中に入ったり、出たりするのを見ているうち、真っ青になっていく。
トールは踏ん張り、釣り紐、いや釣り綱だね。綱をどんどん引いていき、
よしここぞと、ミョルニルに手をかけた。
そしてそれを振り上げて、ヨルムンガンドの頭を打ち砕こうとした。
その瞬間、
ヒュミルはナイフを手探りで掴み、トールの釣り糸(綱だよね)を切った。
蛇は海中へ沈んでいった。
トールはそれでもミョルニルを投げつけたそうだが、さすがに海中では届かなかっただろう。
 
恐怖のあまりチャンスを切ったヒュミルの横面に、トールは拳を食らわせた。
ヒュミルは船縁ごしに飛んで、足の裏が見えた。
トールはそのまま岸まで歩いて戻った。
(相当な沖まできてるはずだけど、海底に足がついてるんだから、それもできるんだろうww)
 
320px-Jormungandr.jpg
牛の頭に食らいつこうとしているヨルムンガンド 17世紀の写本から
 
thor-mariatorget-620x620.jpg
「ヨルムンガンドと対峙するトールの噴水」マリアトーリア公園、ストックホルム、スウェーデン
今まさに、ミョルニルで頭を打ち付けようとする瞬間だ
海の死闘を噴水で表現するなんて、なかなかいい像だよね

 
ということで、トールとヨルムンガンド。
 
第1回戦:ヨルムンガンド○ トール×
第2回戦:ヨルムンガンド× トール○
 
といった感じだね。
そして決戦は、ともに倒れたんだから、互角の相手だった、ということだろう。
 
 
さてさて、次はいよいよヘルへイムのヘルだ。
秋のうちにまとめも終わりそうだし、最後、がんばろー!
 
 

 

ロストミサスへ行ったよ♪

イベントの端境期。
本来ならゆったりと、来たるイベントのためにダイス集めをぼちぼちと。
個人的にどうにか決着をつけたい北欧神話のまとめをしてるはずなんです。
が、
ハロウィンロードに無謀にも参加。
素材集めに東奔西走状態。
ちっともゆったりと過ごせてないケバダチです。
 
ハロウィンロードよ。
楽しそうでしょ?
あまり恐いのは苦手だけど、かぼちゃは好きなのです。
かぼちゃ祭りと思っていますので、大好きなオレンジ色で満たされるのはいいわよね〜^^
 
多分ね、ご自慢のお部屋を皆さんに鑑賞してもらおう、というものだと思うの。
で、わたくし、自慢じゃないですが、ご自慢のお部屋はございませんw
参加することで、無理やりにでもお部屋作りをしよう! と、勝手なコンセプトで参加中なのです。
 
アイディアはいくつかあるのよ。
青写真3パターンあります。
「カボチャ娘の夢見るお部屋」「カボチャ畑」「カボチャゴーストタウン」
でも、作り上げる「素材がない、技術がない、根気がない」の3重苦><
3重苦といって逃げてたら女がすたる!
 
とりあえず「ゴースト」はハロウィンイベントを待たずとも集められそうなので。
それで5の塔をぐるぐるしています。
マジカ建築の3神器の1つ石灰石集めですね。
 
348.png

昨夜はユフィさんのコスプレツアーもありましたので、豆腐うまうまでラッキーでした^^
 
349.png
 
とはいえ、石灰石しか補充できません。
神器の残り2つ、ブラックウッドと粘土はロストミサスでうはうはと聞くじゃありませんか。
 
それで、マジカのプラス会員になりました!
初めてではないんです。
何かしらのプラス会員になっていれば倉庫1000保証という倉庫改変時に、マジカのプラスになってました。
その頃は、課金なんて頭はなく、パペガの会員のうまさもわかってなくw
どうせならロストミサス見ておこうと思って1ヶ月だけ入ったんです。
 
で、その記録って、残ってるんですね。
 
350.png

こんな風に残ってました。
ん〜〜〜。
どんなだったか全く覚えてないw
1年半ぐらい経ってますしね。
ロストミサスも最初は楽しく入ってたけど、風を起こすヤツやおえっとするヤツとか出てきて、
足が遠退いたのは覚えてる。
ランキングは、
 
351.png
 
こうなってたから、341階までは行けたみたいね。
よ〜し!
1年半経ってるんだから、もっと上まで行くぞ〜!
素材集めのためなのに、すでに目的変更。
まぁ、最初はどこまでできるか、試したいですよね。
 
あ〜、そう、こうだったこうだった。
歩きながら徐々に思い出していきます。
そうそう、魔法が使えない場所もあるんですよね。
3の数字があるところだったかな。
噂どおり、ブラックウッドも粘土も、効率よく集まります。
いいですね! ロストミサス!
お部屋づくりには欠かせない素材集め場所ですよ。
 
色々と集めながらも順調に進み、自己ベスト341も越え、そして500階。
雰囲気が変わって感動!
 
352.png
 
緑っていいよね〜。
青みがかった緑はことのほか美しく目に入ってくる。
これなら1000階に行ったらまた変化してるのかしら?
そこまで行けたらすごいよね!
 
会ったことのないモンスターもいて。
 
353.png
 
あらショコドリュアスにそっくりw
何て名のモンスターなのかな? と名前を出してみても表示しないし、
倒してからアイテム拾うにしても、パペガみたいに「●●から……」と出ないので名前がわからない。
そうこうするうち、赤いガーゴイルに出会って、スクショ撮ろうとする間もなく、やられましたw
確か650階ぐらい。
弱々パペットにしてはまずまずよね。
ちょっと、強くなったかな^^
 
欲しかった素材の第1は「バショウの水袋」
これが、なかなかいただけなかった。
というか、わたくしには決して楽な相手ではなかったので、またがんばって歩かないと。
粘土はうまうまでしたね。
お部屋に出るいつものスネイルと、青いスネイルと2種類出てくるから、回収率いいみたい。
ブラックウッドも普通によく集まりました。
 
粘土と水袋はまだまだ足りないので、ロストミサス。
石灰と黒曜石がもうちょっとほしいので、それはパペガかな。
「あは〜」と笑ってもらえるお部屋作りのため、がんばる〜!
 
 
ケバダチNOW

何でも自分で作れると思ってて、失敗してもへこたれない
ケバダチです♪
チャート式パペガ占い
あなたは戦闘民族?
コレクター?
それとも一般人?


★チャート式パペガ占いはここ★

ユーザの参加型月刊誌

みんなでつくる
おふざけパペマジ誌

■ここをクリック
Arty誌本サイト

■ここをクリック
Arty情報まとめサイト
参加することが遊ぶこと。
何に参加できるかは情報サイトをチェック!

4コマ主な登場モンスター
■ここをクリック
最新記事

◆全ての記事を一覧表示する◆

カテゴリ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ランキング
パペットガーディアン・攻略ブログ
掲示板
リンク
当ブログはリンクフリーです
(確認メール不要)
下記のバナーもコピーしてご利用下さい

バナー

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム