ありがとう

フレさんが卒業するという。
振り返ると、た〜くさん遊んでもらったのに、ブログにほとんど書いてないの。
やだわ。
でも、フレのブログにはいくつもスクショがあったのでもらいました。
そのブログも閉鎖しちゃうなんて、さみしいな。。。仕方がないけどね。
 
たまたまマジカで近所だったのと、はじめた時期が同じだったことから、
どっちが先にクエスト終えるか競争していたライバル。
あれが終わったこれが終わったと、会えなくても内線で報告しあったのも懐かしいな。
同業だったから、仕事の話も通じ合って、仲良くなったよね。
遊んでくれてありがとう。
どこかで会えるといいね。
それまで元気でね。
 
[広告] VPS

 
 
スポンサーサイト

ラグナロク杯我が家の場合

本戦は今夜ですが、ケバダチ一家はのんびりとしたものです。
何しろお気に入りのラッパを吹き鳴らしてほしいと、MPたっぷり割り振って従者を送り出すすっとぼけw
ラグナロク杯は魔法が使えない大会だとかって、知りませ〜ん ヽ(≧∀≦)ノ
(きんきらきんのラッパカードを夢見たのは内緒)
 
そんな雇い主が送り出す従者はそれ相応の実力しかありません。
毎回くじ運だけが頼り。
今回は、我が家でレベルの高い子が早々に帰宅したので、ま〜ったく期待してなかったのですが、
なんと、一人で3勝もした子が出たのです!
すごい! 信じられないくじ運の強さ!
 
フレのPちゃん似の従者、ラクティスです。
 
414.png

ケバダチ家における闘技大会の平均的勝ち数が3〜4。
5勝すればお祭り騒ぎなのに。
一人で3勝して4回戦まで経験してくるなんて、どうしてなのかわかりません。
ゾイサイトに縁があるといってたので、フィアーグレソをもたせたのが良かったんでしょうか?
とはいえ、ノーマルですよ。
やはりくじ運としか思えない ヽ(^ω^;)ノ
 
ちなみにラクティスは連鎖球菌属でバターやチーズ、ヨーグルトを作る乳酸菌。
クリーミーで粘度のあるヨーグルトを作ってくれる。
酸味特性のブルガリクスと合わせると、ほどよい酸味と口当たりのいいヨーグルトが作れる。
・・・勝因は粘度。粘り勝ちかな?
 
それと1勝したアシドフィラス。
 
415.png

彼女はレベルが上の人に勝ってくれ感激。
こちらは一応ハイにしたルミナスメイス。
武器は強化したほうがいいのね、と、よくわかった試合ぶりでした。
さすがアシドフィラス!
乳酸桿菌属桿菌のアシドフィラス!
ラクティスと配合されてよくヨーグルトにするらしいし、単体でお薬にもなるお利口さん。
何かのCMでアシドフィラス配合とかって、耳にしたことあるから、メジャーな乳酸飲料にも入ってるんだと思う。
 
(きっと、名前が強いんだなw)
とにかく、次の闘技大会には魔法が使えるかどうか、ちゃんと確認して、
強化できそうな武器は強化してから出場させよう。と思うのでした。
 
それと、やっと、鬼火スポットライトができました!
収拾に時間かかったのは「発光液」でしたね。
必要数も多いし、相手に会えない周回もかなりありました。
女優ライトできた〜! と喜んだんですけど、

416.png
 
いつものトナカイ角は近すぎて><
これはいただけないでしょう。
大切な角なのに。
熱ですぐにだめになってしまいそう。
このスポットライトは、頭をあまり盛らない人向けですね。残念〜
 
 
 

フレ似の従者

フレ似の従者が尋ねてくると、採用枠がなくてもどうにかしたくて、
所持金やウェブマネーを確認するって、あるあるだよね。

匠の建築勢でもない。
純血の戦闘民族でもない。
一般のにぎやかしなのに(→チャート式パペガ占いやってみてね)
増築して採用枠を確保。
右往左往する従者がかわいくなって、分不相応の増築を重ねていく・・・カキーン カキーン・・・

はい。運営の思惑どおりですヾ(・∀・)ノ
 
今回はWさんに似た従者。
Wさんといえばマンドラ界の第一人者です。
マンドラコスプレさせてもいいんだけど、オレンジのかわいらしいコーデが印象に残っていてそれにしたい。
けど、よく覚えてない。
Wさん本人に尋ねたけれど、材料がないヾ(゚д゚)ノ゛あわわ…
 
411.png

それでしばらくこの姿のままだったけれど、落ちついてきたので取り組み。
 
412.png
 
こんな感じよね。
Wさんの留守宅に忍び込み、
 
ウール宅
 
寝ているところをこっそり。
装備を確認。
あ!
ガントやバングル等の魔法アクセは気付かなかったフリをして。
 
ウールさん
 
これがご本人。
 
413.png
 
どう? 同じになった?
いえいえ。
髪の長さが違かった!
なんということでしょ。
1ミリ単位で美容師さんと攻防を繰り広げる、大事な大事な髪の長さなのに!!!
・・・気付かないフリをしよう(;-ω-)
 
ちなみに、この従者の名は「ハロフィルス」
ペディオコッカス属の四連球菌。
味噌や醤油の熟成にかかわる乳酸菌。
そう。わたくし、味噌づくりも趣味でございます。
一人暮らしの友人らにお裾分けしてるので「おふくろよりおふくろなヤツ」と言われてます。
梅雨にしこんだ味噌もそろそろ半年になるんで、かなりうま味が増してるはず。
この子も半年も経てばきっと頼もしくなるはず。
 
不真面目なケバダチ一家だけど、強くなっておくれ。
がんばれハロフィルス!
 
 

レクイエムイベントでの収穫

レクイエムイベントが終わりましたね。
ほとんどのイベントが2週間なのに比べると、このイベは10日間。
ちょっと短めですが、毎月イベント開催されてるので、そのぐらいでいいのかな〜と思ってます。
後半忙しくて、15分しか遊べない日が続きましたが、
それなりに楽しく参加しました。
 
400.png
前記事に書いたように「乳搾り」ばかりしてましたけどw
 
だからってそれだけじゃありません。
ヴァルさんたちに会えればがんばりましたよ。
射的銃でw
 
402.png
 
イベント直前に威力半減させられましたよね。
弱々のわたくしには大きな痛手。
ダメージ「1」
きついです;;
それでも攻撃を受けない距離が保てる射的銃は心強いのです。
いつも「反撃しないで〜」と祈り、
「がんばれ〜行け〜〜〜」と心で叫びながらの連射。
他の方がやってきて、魔法で華麗に倒してくれるまで、
花園なら奥義魔法が使えることを忘れていたなんて、ここだけの話w
  
さて、このイベの収穫は、
マルチャンです!
 
401.png
 
コロコロよく回ってるハリネズミくんです!
マンドラもユニークだし、黒ペガも魅力的。
でもわたくし、ハイヒール愛用で180cmになって歩くデカ女ですので、
反対のもの(ちっちゃきもの)が大好きなのです。
ハムスターもジャンガリアンサイズが好き。
なので、モルモットと最後まで悩みましたが、より小さくみえたハリネズミくんを飼うことにしました。
 
そして宝箱。
ラッパが出てすっごく嬉しいのです!
ファンファーレと共に音符が乱れ飛ぶ。
楽しくて倒す気のないモンスターにもラッパを使います。
 
409.png
 
シャープなんて使わないのに飛んでるし、16分音符の2連も関係ないw
ファンファーレのメロディーと関係なく乱れ飛ぶ音符に、ひとりで大受けw
 
410.png
 
調子に乗ってラッパを鳴らしてたら、あっと言う間に魔力切れ。
え!?
ダイアの魔力を使うってこと、魔力が切れるまで気付かなかったって、
まぁ、わたくしのあるあるですw
 
403.png
 
称号は「ラッパ吹き」
(金管楽器は音出しぐらいしかできないのにw)トランペッターになってしまった! すごい!
しかも光背までいただいて、
 
404.png
 
ヘアからチェンジしちゃいましたw
(もうちょっと開けて、天使の輪っかゲットして、終末ラッパを吹く天使になりたいわ〜)
 
この時点で自分としては大満足。
トルソーがまったく出来てないとか、武器1つ作れてないとか、
わたくしにとってはそんな上級編はまた来年でいいのです。
 
とはいえ、参加2回目。
参加するだけで良かった1回目とは違います。
何かしら作らないと。
ということで2回目参加の記念品は「聖めの書」です!
 
掲示板が出来て最初に開催されたツアーが「聖め隊」でした。
「聖め」がどんなのかわかってないので参加。
(わたくしの参加動機なんてこんなものw 尋ねられて笑ってもらった思い出がwww)
キラキラ夢心地で回らせてもらったツアーでした。
レクイエムソードより確実に聖められるので「書」を作りたいと思ってたんです。
 
405.png
 
8の塔でキラキラ・・・
 
406.png
 
1度に複数できるから、魔力の少ないわたくしには2体や3体マスが嬉しい。
 
407.png
 
地底でもキラキラ・・・
 
408.png

のんびり拾ってたら「鉄鉱石」になってたけどねw
 
あとはアイスクリームがギガになったのも嬉しかったな〜。
ダイスがさほど減ってないぐらいIN時間が少なかったけど、
楽しかったし、大満足!
充実してたってことかな。
クリスマスイベも楽しく過ごせるといいなぁ・・・
何か追加するなら、弱々のわたくしみたいなパペットでも楽しめる要素を
お願いします!アーティさん!

 

黒の時代到来

黒の時代

 
白ヴァルさんにも新アイテムありますが、
黒ヴァルさんの宝箱は、これは「ひつじ雲」以来のヒットの模様。(主観w)
天上の宝箱というだけあって、神界のアイテムでワクワク。
その分「霊魂石」がゲットしにくいとか、んなことは気にせず、
パカパカ開けて、みんなで光り輝きたいですね♪
 
黒ペガサスも大人気。
あちこちで見掛け、やっと慣れてきましたが、
騎乗してないのにペットとわからず、何度も戦いを挑んだケバダチです。
飼い主様方、ごめんなさい^^;
 
さて、そんなおまぬけなわたくし、
白ヴァルさんにも黒ヴァルさんにもなかなか会えないのですが、
ちょこちょこっとINしては、
眠りの花園で「眠り草」を摘み、
6の塔で「牛乳」集めが日課。
会えなくてもそれなりに楽しんでます。
もう「乳搾り職人」と呼んでほしいほどw
 
399.png

ジャーン!
アイスクリームも抹茶が乗るようになりました!
嬉しくてたまりません♪
 
 

角刈りなのよ

先日、アヴァロン内で非公式イベント「第3回食堂杯」が開催されました。
魔法学校アヴァロン 食堂杯公式ブログ
皆さん、参加されました?
 
わたくしケバダチ、アヴァロンに関しては初心者のまま。
賑やかしに顔を出すのもはばかられるほどに不勉強なのですが、
トーナメントの後にはクイズ大会が催されると知り、そちらにぐらい参加したいと思っておりました。
実際には、当日、北欧神話のラストスパートでまとめていたため疲れ、そのまま飲みに行ってしまいw
次こそは! と決意しているところです。
 
でも、間接的に参加できました!
というのも、事前に○×クイズの募集があったからです。
問題を考えるのも、おもしろいでしょ?
ただ、トリビアがおもしろいけど、先輩方にかなうものはないし。
なんとかの武器の属性パーセンテージとか、難しいのばかりだとわたくしには無理。
そうだ! 自分が答えられる問題にしよう! と、応募しておきました。
それが採用されたんです!
きゃー♪
嬉しいです!
 
出題された時のスクショもツイッターで流れていて、

390.png

笑っていただけたようで何よりです^^
 
さて、問題は「モーリアス王は角刈りである」○か×か。なんですが、
これは、わたくしのアホなスペクタクル4コマ愛読者ならわかるラッキー問題なのです。

391.png
↑ チャイナドレスを着せておりますが、帽子を脱いだ姿がわかります。「ネタバレ かも?」参照
 
でも、公式発表されてるわけじゃないし、アホな4コマじゃ信用ならないし。
そう思いますよね。
なので、検証?です。
 
392.png
 
モーリアス国王。
ポイントは帽子から少しだけはみ出た毛です。
 
393.png
 
ココですね。
ココに注意しながらマクパペットでモーリアスを作っていきます。
すると、モーリアスの衣装が、半分より少し後に登録されてるのがわかります。
 
394.png
これは「下着」
17ページ中の10ページにあります。

395.png

「帽子」は24ページ中の14ページ。
他にヒゲや靴なども、大体真ん中より少し後に入ってます。
問題の髪も真ん中より少し後ろです。

398.png

ちょうどNPCたちの髪型が続いていて、マリスと思われる髪型の後ろにありました。
それで揃えていくと、
 
396.png
 
マクパペットで、モーリアスができあがります。
どう? 帽子の下に出てる髪も同じでしょ?
そして、帽子をとれば、
 
397.png
 
ジャーン!
これがモーリアスの素顔です。
角刈りのガテン系国王なのでございます!
 
いかが?
納得してくれました?
 
正解した人、おめでとうございます!
これでもう、涙と感動なしでケバダチの4コマをみることはできませんね。
「妄想と現実が織りなすアホなスペクタクル短編4コマ」と自称しておりましたが、
これからは、
「妄想と現実が織りなすアホなスペクタクル感動の短編4コマ」
と自称することにしますw
 
 

北欧神話ー参考文献

北欧神話のまとめが終わった。
載せてないユニークなエピソードはまだまだある。
神話と史話の境界がよくわからないサガもあって、興味は尽きない。
ケバダチ個人は、まだまだ北欧神話とそれに関わる歴史や文化を調べていくことになるでしょう。
オーディンのエピソードもほとんど載せてないけど、ひとまず、
パペガに関する事柄はまとめられたんじゃないかと思うので、ここでおしまい。
読んでくれた人、お疲れ様〜
終わりで〜す。
 
「へ〜。新階層も北欧神話縛りなのか〜」と知り、興味を持って調べ始めたのが冬。
春からまとめはじめ、夏が過ぎ、すっかり秋も深まりw
雪の便りも聞かれるようになってしまい、1年近くかかってしまった^^;
いつまでも本の山が片付けられなくて、来客者に呆れられてたけどw
クライアントに逃げられない限り、やると決めたら最後まで。
これがケバダチ流。
時間かけるのは主義じゃないけどw やって良かったよ。
自分の無知がよ〜くわかったからw
 
歴史、宗教、ヴァイキングのことなど、それなりに知ってるつもりだったけど、
振り返ると、上っ面だけだったな〜と思う。
スウェーデンの人が祖先がヴァイキングであることを誇りに話してくれたこと、今なら理解できる。
副産物がいろいろあった。
北欧神話の神々は、ゲームで取り扱われることが多いためか、男友達がそれなりに知っていて、
(わたくしの周りの女子は全滅だったけどねw)
戦うということに対しての男の考えを聞くことができたのは、今までの飲み会じゃなかったこと。
とにかくこの話題で友達の内面もよくわかるようになったのが良かった。
仕事上でしか話すことはない外国の人に、自国の歴史を話せてもらえたのも収穫だった。
 
それと、しつこく調べることによって、スノッリへの評価が変化した。
北欧神話をきちんとまとめたアイルランドの詩人であり政治家のスノッリ・ストゥルルソン。
当時、キリスト教が台頭してきて、アース神への信仰は異教・異端として押し込める方向だった。
調べ始めた当初、やはりキリスト教に改宗させる手立てとして、北欧神話を都合良く書き換えた。
そう思っていたし、実際、そういう書き換えも感じられた。
wikiなど、彼の野心家の部分を大きくとりあげている。
確かにそういうところもあったけれど、それだけじゃない、
祖先への愛も深く、キリスト教とアースへの信仰との間で苦悩するスノッリの姿も浮き上がってみえてきた。
多分、このブログのはじめの頃は、スノッリの文章に否定的な書き方をしていたと思う。
でも今は、彼の祖先への愛に感謝したい。
もちろん、彼の愛によって、残された文章は全てが正しいわけじゃない。
けれど、残してくれたことに感謝だ。
 
最後に参考文献。
海外のサイトもかなり見たんだけど、論文書くわけでもないから、いちいちブックマークしてなくてw
ちょっとだけです。
 
<参考文献及びサイト>

THE POETIC EDDA (http://www.sacred-texts.com/neu/poe/)
The Haustlong of Thjodolf of Hvin (http://www.gutenberg.org/files/598/598-h/598-h.htm)

「エッダ 古代北欧歌謡集」 谷口幸男訳 新潮社
「北欧神話」 菅原邦城 東京書籍
「巫女の預言 エッダ詩校訂本」 シーグルズル・ノルダル 東海大学出版会
「北欧神話と伝説」 ヴィルヘルム・グレンベック 講談社学術文庫
ヴィジュアル版 世界の神話百科 ギリシア・ローマ/ケルト/北欧」 アーサー・コットレル 原書房
「北欧神話」 P・コラム 岩波少年文庫
神話の名シーン集 ヴィーナスの片思い」 視覚デザイン研究所
図解 北欧神話」 池上良太 新紀元社
「ヴァイキングの世界」 谷口幸男 新潮社版
「ヴァイキング」荒正人 中公新書
「知」のビジュアル百科 ヴァイキング事典」 マーザン・M・マーグソン あすなろ書房
「偶然とは何か 北欧神話で読む現代数学理論全6章」 イーヴァル・エクランド 創元社
「エッダとサガ 北欧古典への案内」 谷口幸男 新潮選書
「北欧文学の世界」 山室静 東海大学出版会
「古代人はどう暮らしていたかー実験考古学入門」 ジョン・M・コールズ どうぶつ社
「ゲルマーニア」 コルネーリウス・タキトゥス 岩波文庫

その他、個人出版物、論文、北欧の博物館サイト、研究者サイトなどを参考にしました。
 
 
自分のためにまとめた記事だったけど、読んでると言ってくれる人が何人もいて、
ほんと、恥ずかしくも嬉しいです。
少しでも北欧神話に興味をもってもらえたら、まず訳本からいろいろ読んで楽しんでほしいです。
ゲームクリエーターのために、おもしろくまとめた本なども多数出版されてるけど、
いいのもあるし、そうでない上っ面だけのもありますね。
ケバダチがいいなぁと思った書籍は、絶版ものが多い。
(だから中古本ばかり ^^;)
まぁ、ケバダチの計りは、訳者にしろ著者にしろ、
その人となりが見えてくる本や、愛や情熱がみえる本に反応するんで、
偏りがあります。あは〜^^;
 
 

北欧神話ーラグナロクとその後

レクイエムイベントが始まりました。
けれど、こちらのケリをつけないと気になって楽しめない。
イベントを楽しむために、遊ばずこちらを優先w
ゲームに関わる内容じゃないので、スルーでどうぞ。
 

ラグナロク
 
ラグナロク(ラグナレク) Ragnarøk は「神々の黄昏」「神々の運命」「終末の日」を意味し、
日本では「神々の黄昏」の呼び名が一般的。
始まりがあれば終わりがある。
アースの神々の世の終わりだ。
 
主神オーディンははじめからこの日が来ることはわかっていた。
それは避けられない運命。
とはいえ、おめおめと引き下がるわけにもいかない。
オーディンはこの日を乗り越えるために、優秀な死者をエインへリアル(死せる戦士)として集めていた。
なんとか乗り切ろうとしてたんだ。
しかし、運命の日、世界は焼き尽くされ、終わりを遂げる。
 
その始まりは「大いなる冬(フィムブルヴェト)」といわれる長い冬からだった。
雪が四方八方からふきつけ、霜は厳しく、風は身を切るようにきつい。
太陽はまったく役に立たず、夏が来ない。
それが3年続く。
 
吹雪
こんな感じかなw
 
兄弟同士が戦い合い、殺し合うであろう。
親戚同士が不義をおかすであろう。
この世は血も涙もないものとなり、
姦淫は大手を振ってまかりとおり、
鉾の時代、剣の時代がつづき、楯は裂かれ、
風の時代、狼の時代がつづいて、
やがてこの世は没落するであろう。
誰一人として他人をいたわる者などないであろう。
 <「巫女の預言」45章>

 
はじめの1年は「風の冬」といわれる。
大嵐が続き、大雪が襲い、霜がひどい。
夏が来ないのだから凶作だ。
寒い地方ほど保存食の準備はされていたはずだが、やはり飢餓状態となっただろう。
この年に、人間の子どもはほとんど生きていられなかったと思われる。
 
2年目は「剣の冬」
続けて1年中冬だ。凶作。
人間も動物も生き残ったものは、生きていくために残されたものを、奪い合い、殺し合う。
親兄弟も関係ない。
モラルがなくなり、男だろうが女だろうがレイプの対象。
世界中いたるところで、戦争が起こった。
この争いは、それまでの、死後の行く末を左右する名誉をかけた戦いとは違う。
人間に品位などなくなってしまったようだ。
 
3年目は「狼の冬」
やはり1年中冬。
マーナガルムが大きく成長する時だ。
鉄の森の魔女が、土に埋められてない人間や、戦いで倒れた人間の死骸を、
マーナガルムに食べさせて養ったから。
月のマーニを食べ殺す役目のマーナガルムは、成長して元気旺盛だった。
生き残った人間もいるんだが、埋葬する感覚もなくなっていたんだろう。
マーナガルムは餌に不自由しなかったようだ。
 
大いなる冬で最初に影響を受けたのは人間だったということだね。
ひどいもんだ。
人間界は混乱し、無法地帯となった。
そしてこの人間界の混乱は、諸世界に波及していく。

このひどい冬の3年で、太陽は意味をなさなかったが、星もまたそうだった。
1つ、1つと、深淵に落下していく。
大地は上下に揺れはじめ、木々の根が緩み倒れはじめる。
怪物たちを捕らえていた紐や縄が緩みだした。
拘束されていたフェンリルの紐も、ガルムをつないでいた鎖も、緩み出す。
 
まずニワトリが鳴いた。
ヘルの館の側にいる、赤さび色のニワトリだ。
亡者たちが目覚め起き上がる。
 
合図
 
ヨトゥンヘイムでは真っ赤なニワトリのフィヤラルが鳴き、
巨人達が起き上がった。
アースガルドでは黄金のニワトリ、グリンカムビがユグドラシルのてっぺんで鳴き、
エインへリアルたちが奮い立つ。

血だらけの口をしたガルムが吠えた。
それを聞いたドヴェルグたちは、石の戸口に出てうなる。
世界樹ユグドラシルは、どの枝もどの枝も震え、なげきのうめき声をたてた。
巨人たちが船を動かす、恐ろしい音がする。
ムスペルスヘイムの軍勢が馬を集めるバタバタという、やかましい足音もする。
 
しかし、灼熱の国ムスペルスへイムも、巨人の国ヨトゥンヘイムも、亡者のいるヘルへイムも、
誰もが震えながらもまだ待ち構えていた。
彼らはフェンリルが飛び出す時を待っていた。
フェンリルなしではアースの神々を打ち破ることはできないと思われていた。
 
その時、狼(スコル)が太陽を呑み込んだ。
さらにほかの狼(ハティ)が月につかみかかり、大損害を与える。
星々もついに全て天から落ちてしまった。
 
大地と山は震え、木々は根こそぎにされ、山は崩れ、全ての枷が意味をなさなくなった。
岩が破裂するものすごい音と共に、フェンリルはついに紐を引き裂いて自由になった。
飛び出るフェンリル。
 
ラグナロクフェンリル
ケバダチクオリティw
 
上あごは天をかすめるほどに、下あごは地を掃くほどに口を大きく開け走り出す。
もしも場所があったならば、もっと口を開けたろう
その目と鼻孔からは火が噴き出す。
めざすはアースガルドだ。
アースの神々を滅ぼす時がきたんだ。
 
ガルムも自由になり、吠えながら走る。
 
ラグナロクガルム
 
ミズガルズの大蛇ヨルムンガンドも激怒にかられ、大波と共に岸に向かっていく。
 
ラグナロク蛇
 
この大波にナグルファルが浮かぶ。
ナグルファルは巨人たちを乗せる船だ。
 
ラグナロク巨人
 
この船は死者の爪から造られてる。
人が死んで爪を切らないでおくと、この船の完成を早めることになってしまうので、
ヴァイキングやその祖たちは、葬儀の際、爪を切るのを慣習にしていた。

 
ムスペル軍団は馬で駆けつける。
その先頭はスルトだ。
 
ラグナロクスルト

彼の前と後ろには燃える火がある。
彼の剣は逸品で、太陽よりも明るく輝く。
 
アースたちを倒そうと、四方八方から集まってくる。
ロキも拘束が解け、ヘルへイムの亡者たちを引き連れてやってきていた。
 
ラグナロクロキ

スルト率いるムスペル軍団がアースガルドへの虹の橋=ビヴロストを渡ると、橋は砕け落ちた。
緊迫感のないの絵が続いたがw 今、反アース軍集結。
その野(ヴィーグリーズの野、またはオースコープニルという説もある)は方位4〜500マイルの広さだ。

この出来事で虹の橋の門番ヘイムダルが立ち上がる。
そして高らかに、力の限り、ギャランホルンを吹き鳴らす。
 
403px-Heimdallr_by_Froelich.jpg
「ヘイムダル」ローレンツ・フレーリヒ

その音で神々全員が目覚め、会議を開く。
(今頃会議ってw 予知されてたのに対策してなかったって、どこかの行政みたいじゃないのw)
オーディンはミーミルの泉へ行き、ミーミルの助言を請う。
 
ミーミルはオーディンの伯父にあたる巨人で、賢者の神。
ヴァン神族との和平協定でヘーニルと共に人質としてヴァン神族のもとへ行った。
ヘーニルがあまりにも立派な見た目だったので、ヴァン神族は喜んで首長にしたが、実は能なし。
何でもかんでもミーミルに決めてもらっていたと知り、怒ってミーミルの首をはねてアースへ送り返した。
オーディンはその首を薬草で腐敗しないようにし、魔法によって話す力を蘇らせた。
以後、ミーミルの首はユグドラシルの泉におかれ、その泉は彼が守っている。
知恵と知識の泉だ。
オーディンも賢くなりたくて、片眼を担保にして、その泉の水を一口もらうことができた。
(それ以来オーディンは片眼になった)
これによってオーディンはアースでもっとも賢い神となったが、
ミーミルは毎朝この泉の水を飲んでいるので、オーディンの比ではない賢者ということになっている。
ラグナロクに突入したという段階になって助言を求めたオーディン、ということだが、
一体どんな助言をもらったのか、手持ちの資料には何もない。
「運命だ。がんばれ」ぐらいなのかもしれないw
 
mimir.jpg
↑ ケバダチの想像 神話に書かれてはない
「宇宙の終わりではない」という予言をオーディンは受けている。
それがミーミルのものかどうかケバダチにはわからない。
負けが見えていて助言しようがなかったとしたら、
未来はあると、勇気づけしたぐらいじゃないかなと思う。

 
この間も、ユグドラシルはおびえ震える。
震えはすべての生物たちに伝わり、妖精もドヴェルグもその他の動物たちも恐怖におびえていた。
神々は急いで甲冑に身を包み、武器を手にした。
すべてのエインへリアルと共に、オーディンを先頭にかの野へ向かう。
決戦だ。
 
グングニルを手にしたオーディン。
黄金の兜と華々しい鎧を着け、スレイプニルにまたがってフェンリルに向かう。
トールもオーディンに並んで馬を進めたが、腕を貸すことはできない。
トールはヨルムンガンドを相手にするだけで手いっぱいだった。
フェンリルはその大きな口でオーディンを呑み込んでしまった。
なんてことだ。
あっと言う間だ。
しかしすかさずヴィーザル(ヴィダル、オーディンと巨人グリードとの間の息子)が特別な靴を履いた片足で、フェンリルの下あごを踏みつける。
そして両手で力任せに上あごを押しあけ、バリバリとフェンリルの口から喉までを引き裂いた。
 
ヴィーザル

 
フェンリルはこれで死んだ。
ヴィーザルが剣で心臓を刺したというエッダもある。
 
勝利の父の逞しい息子、ヴィーザルは死肉の獣(フェンリルのこと)を相手にわたりあい、
フヴェズルング(ロキのこと)の子の心臓を、手にした剣で刺し通し、こうして、父の復讐をとげる。
 <「巫女の予言」55章>

 
天と地ほどに開く口を、さらに押し開いて引き裂くなんて、ちょっとどれだけの巨人なの?
と思うから、ケバダチとしては剣で刺し殺したほうが現実的に思えるんだけど、
口を引き裂いたほうが絵的に迫力あるんだろうね。
こちらの説のほうが人気だ。
 
1024px-Vidar_by_Collingwood.jpg
「ヴィーザル」1908、W. G. コリンウッド

 
ともかくも、フェンリルはオーディンを亡き者にしたが、息子によって殺された。
 
フレイはスルトを相手に戦った。
魔剣を失っていたが、激しい闘いがあったそうだ。
普通の剣でがんばったんだよフレイは。
けれど、炎に呑まれてフレイは死ぬ。
 
フレイvsスルト
 
ガルムの相手はチュールだ。
チュールは軍神。
公平で民会の守護者。
オーディンらアース神の信仰が生まれるよりも前から、ゲルマン民族の初期から信仰されていた神だ。
(北欧神話はスカンジナビア地方で花開いたが、元はゲルマン民族にある)
勇敢なためにフェンリルに右手をくわれてしまっていたが、
そこは軍神、左手でも人並み以上の剣の使い手だ。
だが、人並み以上ではガルムに打ち勝つことはできなかった。
チュールの剣がガルムを打つのと同時に、ガルムに噛み付かれ相打ちで終わる。
 
チュールvsガルム
 
トールはヨルムンガンドだ。
ヨルムンガンドは毒の息をまき散らしていた。
しかしミョルニルがある。
怪力のトールがミョルニルでヨルムンガンドの脳天をかち割ったんだ。
今まで2度ほど対決していた、その雪辱をはらしたんだ。
けれど、勝利して9歩しりぞいたところで、毒がまわってトールは崩れ落ちた。
息絶えていた。
 
トールvs大蛇

また別の場所では、ヘイムダルがロキと戦っていた。
互いに致命傷を与え、あい果てた。
 
ロキvsヘイムダル
↑ こんな戦いじゃないよねw
ヘイムダルへの言い分は「ロキの口論」
山羊とのくだりは「詩語法」にある。
ケバダチに痛みはわからないけれど、
読んだ男の人は恐ろしくて想像したくないとおびえるw
 
こうして・・・
今や戦場に立つのはただ一人、スルトだけとなった。
スルトは炎を大地に投げる。
 
__狂いたつのは火
そして炎、
高く燃えあがるほむらは
天そのものに戯れる
 <「巫女の預言」57章より>

 
全世界が火炎に包まれ、燃えあがる。
スルトの火は、全てを焼き尽くす。
オーディンを主神としたアース神たちの世が、全て灰と化した。
アースの世の終わりだ。
 
炎

 
ラグナロク。避けられない運命だった。
本当に避けられないものだったんだろうか。
 
研究者はこういっている。
巨人族は始まりからアース神族を憎んでいた。と。
というのも、この世界を創造したのはオーディンとその兄弟なんだが、
世界の元は巨人を殺害したものだった。(オーディンー天地創造
この世に最初に誕生した巨人、ユミルだ。
このユミルを殺害して、その体から山や木など作っていく。
巨人族にすれば、最初のご先祖さまを殺害された恨みがある。
それだけじゃない。
フリームスルスという巨人をだましてアースガルドの城壁を作らせ、しかも殺害したアース神。
だませばいいと提案したのはロキだったが、それに乗ったのはアースたちなんだ。
だますことをアースたちが決めたわけだ。(オーディンースレイプニルとスヴァジルファリ
なるほど、城壁のことはひどいとケバダチも思った。
「ロキの口論」では、アース神の宴会でロキが悪口をいう場面がえがかれている。
しかし、ロキのいうのももっともだと思うこともいくつかあった。
エッダやサガを読んできて、アース神族は巨人たちに対して理不尽すぎると何度も思った。
その度に、巨人たちはアースへの憎しみを増幅させていったんだろう。
 
オーディンはそれがわかっていたんだ。
恨みを買うだけのことをやってたと、十分に承知していたんだ。
だから、いつかは巨人達に攻め込まれる(ラグナロクがくる)とわかっていた。
それならなぜ、巨人達に謝罪して共に生きようとしなかったんだろうか。
共生という言葉や概念はなかったんだろうか。
 
これが「時代」なのかもしれない。
身分階級がわかれているように、正義と悪は相容れないものとする時代だったのかと思う。
今では「正義という名の暴力」という言葉があるように、正義が必ず正しいとはいいきれない。
悪もそのレッテルをはずしていくというのもわかっている。
(もちろん、変わらない人もいるけどね)
そういう時代だと思えばそれで終わる疑問だけれど、まだ納得しかねてるケバダチだ。
オーディンとロキは義兄弟となっていた。
「神と巨人」「正義と悪」
相反する関係でありながらも、同じ家族として契りを結んだ。
この関係に共生の芽があったはずじゃないか、と思うのは深読みか、理想の押しつけか。
しかし、それは相容れない関係だったのだと神話に突き放される。
血は変えられない、と言われてしまう。
困ったw
ラグナロクは避けられないものだった。
納得できてないけれど、受け入れるしかなさそうだ。
(う〜ん←まだ頷けないw)
 
 
神話に戻ろう。
 
ラグナロクの後
 
世界が炎に包まれたが、やがて、炎が消え落ち、全てが静まり返った。
すると、静かな海の中から、再生した大地が青々と浮き上がってくる。
その大地の上には、誰が種をまいたわけでもないのに、麦の穂が風に揺れている。
山腹を滝がたぎり落ち、鷲が滝の上高く、輪をえがいて飛び、魚を狙っている。
 
大混乱の後に緑の大地が広がるなんて、なんだか宮崎アニメのラストシーンみたいだ。
ただ北欧神話では太陽も月も星もなくなっているんだ。
青々とした緑がなぜ見えるかって思うよね。
実は、太陽は呑み込まれるその時、彼女自身におとらぬ美しい一人の娘を生み落としたんだ。
わお。
この新しい天の光は、神々が死ぬと、母親の軌道を同じく回り始めたんだって。
空に太陽は戻ってたんだね。

新生

 
緑の大地を、ヴィーザルとヴァーリが歩く。
(ヴィーザルはフェンリルを殺し、オーディンの仇をとった寡黙で孤独な神)
(ヴァーリはヴィーザルと異母姉妹。バルドルの復讐にヘズを殺すため、生まれて1日で大人になった神)
この神たちは、大波も炎も害することがなかった。
そこへトールの2人の息子モディ(モージ)とマグニが無傷で助かり出てきた。
彼らは父親のハンマーを見つけた。
バルドルとヘズ(ホズ)も死の国ヘルへイムから、手を取り合って戻って来た。
 
皆はアースガルドの立っていたイダの野に住居を建てる。
彼らが草の中に腰をおろすと、芝生の中に昔の黄金の将棋盤が見つかる。
彼らは昔おこった偉大なことを語り合い、ミズガルズ蛇のことや、トールの剛勇や、オーディンの深い知恵など回想する。
 
と、森の中(燃え残ったユグドラシルの一部分)でいきものの気配が動く。
そこに二人の人間リーヴ(リフ)とリーヴスラシル(リフトラシル)が隠れて、朝露をなめて飢えをしのんでいた。
 
リーヴとリーヴスラシルの両名
ホッドミーミルの森に
身を隠し
食べるものとて朝露ばかり
されど彼らより
人々生まるるなり
 <「ヴァフズルーズニルの歌」45より>

 
ああ、良かった。
人間も生き残っていたんだ。
そして彼らが、新たな人間の祖となったんだ。
 
人間の祖

 
北欧神話はここでおわる。
  
 
 
戦いとたくさんの死が続く内容なので、ケバダチには耐えられず、
そのため挿絵がふざけてます。
北欧神話好きな人にはむかつく挿絵かもしれません。お詫びします。

ヘッドセット♪

イベントの合間でダイスを貯めたい時期です。
が、作りたいものがいっぱいで、貯めるヒマありませんw
 
ハロウィンロードのため1ヶ月間だけマジカの会員になったので、
買うしかなかった「エントの樹皮」がそれなりに集まりました。
となれば、憧れの窓を作るしかないでしょう。
せっせとアラクールで「透き通った鱗」を集めて部屋作りです。
 
そう。
建築勢じゃないのに建築イベに参加したものだから、
部屋作りの楽しさがちょこっとわかったのです^^
情熱が高まってるので部屋作りするのですが、もともと素材集めに熱心じゃなかったので、
早々に材料不足www
 
とりあえずできたところまで写真をパシャ。
 
381.png
 
そんなにこだわってなかった限定家具も、今度はクエストこなしてバンバン手にいれますよ。
そして飾る予定。
何がもらえるかわからないけどw
私設美術館のようにしたいのです。
もちろん、美味しいカフェも併設してね。
さて、いつ出来上がるか^^;
 
 
併行して集めていたのが「海綿」
こちらはできました!
ジャン!
 
382.png
 
いいよね〜。
重くなる原因を増やしましたよw
音符のエフェクト。
かわいいからいいのです。
色合いも赤系で、わたくしのためにデザインしてくれたみたいw
 
383.png
 
かみてを向いちゃだめなのね。
音符が鏡文字のようになってしまう。
ちゃんとしもてを向いて。
 
384.png
 
よく見ると、スピーカー部分にも模様がありますね。
欲しかったものが、ケバダチとは思えない速さで出来上がりましたw
すごいw
 
次にねらってるのは、あの鬼火のスポットライト。
「発光液」も全然集まってないし「フローライト」も滅多にいただけません。
でも、コツコツ集めて作り上げたいな。
 
そうそう。
「オイル」も必要で、それは10個だから最初に集まると思って地底に行ったの。
そうしたら、
 
385.png
 
心臓2個いただいちゃいました。
すごいね。
ハートを鷲掴みだよw
こんなこともあるのね〜。
できれば宝石の鷲掴みを経験したいな〜^^
図々しいかなw
 
 

北欧神話ーロキ

パペガに出てくるわけじゃないけど、今まで何度もその名前が出たロキ。
彼を語らずに北欧神話は語れない。
 
パペガで関わることというと、
1502115.png
スヴァジルファリと交わって
m2_23.png
スレイプニルを産んだお母さんがロキ。

172.png
グラニのおばあちゃんになる。
 
m2_4.png
フェンリルと、
ヨルムンガンド
ヨルムンガンドと、
ヘル
ヘルのお父さんでもあるロキ。
 
それと、
グングニル
グングニルを作らせたのもロキだ。
パペガに出ては来ないが、とても縁のある北欧神話の神だ。
 
 
ロキ
 
巨人族でありアース神族。
巨人ファールヴァウティと巨人ラウヴェイ(またはナール)の息子。
ロキは純血の巨人だが、オーディンと血誓兄弟の契りを結んでいて、アース神族の一員としてアースガルドに住む。
両性具有で変身能力をもつ。
オーディンが主神に対して、ロキはその影ともいわれる存在だけれど、
はじめから悪の存在というわけではない。
彼の知恵はいたずらもあれば悪巧みもある。
けれど危機を救うものでもあった。
(ギリシャ神話のヘルメスにちょっと似てるかな)
 
__ロキは容貌こそりっぱで美しいが、心根はよこしまで、行動はひどく気まぐれだ。彼は他のだれにもまして奸智という知恵があって、何事でもだます。いつもアースたちをはなはだしい困難に陥れるが、彼らを奸計で助けることもしばしばだ。彼の妻はシギュン、彼らの息子はナリまたはナルヴィという。
<「ギュルヴィの惑わし」33章より>

 
ロキはイケメンだったようだね。
ケバダチが描くと、
 
ケバロキ
こんなんだけどw
 
巨人族というのは、人間とそれほど変わらない容姿の者もいたが、奇怪な外見が多い。
途方もなく巨大なもの、複数の頭を持つもの、獣の姿をしたものなど様々だ。
けれど、女には美しい外見のものもいて、しばしば神々の花嫁になる。
ロキがイケメンというのも、両性具有で女の部分をもちあわせているためなのかもしれない。
 
800px-Processed_SAM_loki.jpg
「ロキ」1760、アイスランド写本の挿絵
 
有名なこれは写本の挿絵なので古いもの。
アース神への憎しみが増大し、アースガルドを飛び出してからの姿。
ファフニールの兄(カワウソに変身していた)を殺してしまった川の側に、どの方角からでもアース神が捕らえに来たとわかるような家を作って住みだした。
もってるのは魚の網。
魚を捕らえるための網を編んだんだけれど、その網を参考に編んだ神の網で自分が掴まってしまうんだ。
とてもイケメンに描ける状況じゃないかなw
 
もっと前のロキだと、
 
1024px-Loki_and_Svadilfari_by_Hardy.jpg
「ロキとスヴァジルファリ」1909、D. ハーディ
 
左の男は、アースガルドの城壁造りをかって出た石工に変身した巨人。
馬はスヴァジルファリ。
美馬に興奮し、主人の手綱もふりきって駆けつけようとしているところ。
つまり、先のほうに小さく描かれている美人馬がロキ。
ん〜w
スレイプニルの記事でも触れたが、この時は文字通り身を呈してアース神族のために働いたロキなんだ。
 
アンドヴァリを抑える
アンドヴァリを抑えるオーディンを手助けするロキ 1914、F.フォン・スタッセン
 
これは絵の一部。
ファフニール1で書いた部分の絵で、やはりアースのために動いてるロキ。
ん〜。
美しいってことになってるけど、その性格や行動から美しく描いてもらえることはなさそう。
 
ロキとホズ
「ロキとホズ」1890年頃、大理石、C. クヴァルンストロム
 
前回のヘルのところで触れた、バルドル殺害させるところ。
盲目のヘズ(ホズ)を手助けする優しい神を装う場面だ。
「もうちょっと腕をあげて。そう。うん、いい感じですよ。このまま思いっきり弓を引いてごらんなさい」
とか言ってたんだろうね。
 
ヘズの放った宿り木はバルドルに命中。バルドルは死んだ。
この世の全てのものがバルドルのために泣くなら生き返らせよう。
このヘルが出した条件は、神々によって満たされようとしていた。
しかし、ひとりの女巨人だけは泣くことを拒否した。
女巨人に変身したロキだ。

ロキは、アース神たちの怒りが自分に向けられるのはわかっているので、アースガルドを飛び出した。
妻も息子たちも置いてひとりでだ。
というのも、ロキは妻シギュンにさえ憎しみを覚えるようになっていた。
彼女はバルドルのために涙したし、その死を決定的にした夫ロキの行動と神々の怒りに対しても心配し涙していたからだ。
この頃には、ロキの心はすさんでいたようだ。
 
言葉がうまいので、冗談などでアースガルドで笑いをとることもあったロキ。
いたずらに困らされても、その代償に宝をもたらせたロキをアース神たちは許していた。
けれどいつしか、ロキのアース神への憎しみは膨らんでいた。
そしてバルドルを殺害し、その後、ラグナロクへと巨人達をけしかけていく。
 
神が正義であるのに対して、巨人は悪をになっている。
それは花嫁としてアースガルドに住み、神々の一員となった者でも、時には巨人の悪の心を感じさせる言動がある。
何がきっかけでオーディンと兄弟の杯を交わしたのかわからないけれど、やはりロキは純血の巨人なんだ。
その体に流れてる血は変えられない。
いつかは必ず本性が出る。
そんなことをロキを通して北欧神話は伝えてくる。
 
話は最初の挿絵のところに戻る。
 
バルドルのよみがえりを阻止したロキ。
アースガルドを飛び出して、ファフニールの兄オッタルを殺した川にいた。
そこでサケに変身して潜んでいた。
アース神たちの追跡がすぐ側まできてると知り、網を火の中に投げ込んでいた。
けれど、アース神にはロキ以外にも知恵者はいる。
灰となった網をみつけ、それと同じように網を作り上げ、それでロキを捕獲するんだ。
何だかんだと逃げ回ったロキだけれど、追い込まれ、トールによって掴まってしまう。
尻尾のあたりをぐいっと掴まれたら、どんなにもがいても逃げられなかったようだ。
 
ロキは、とある洞窟につれて行かれた。
3つの平らな岩には、とがった角で穴がそれぞれ1つずつ開けられた。
そこにロキが縛り付けられるわけだが。
その前に、ロキの息子たち、ヴァーリとナリ(ナルヴィ)が連れてこられた。
 
ロキを縛る

 
・・・・・兄に弟を殺させ、その腸で親を縛る・・・
残酷すぎて、すごく短い文章なのに、最初に読んだ時はまったく理解できなかったよ。
神々を怒らせるとどんな罰が待っているのか。
昔話にはしつけも含まれるとはいうけれど、北欧神話のそれは苛烈極まりないとケバダチは思った;;
 
ロキへの刑はそれだけじゃ終わらない。
スカジが毒の刑をプラスした。
 
フレイの父ニョルズ(ニョルド)の後妻に、スカジ(スカディ)という巨人がいる。
巨人だけれど結婚によりアース神族の仲間になった。
スキーと狩猟の神様だ。
麗しの花嫁といわれる美女なんだが、性格は酷薄。
彼らは恋して夫婦になったわけではない。
色々あってのスカジへの弁償として、足だけでアース神を夫に選んで良し、となったからだ。
スカジは美しいと評判のバルドルを狙っていた。
美しい神なら足だって美しいはずだ。
これこそ一番美しいと選んだ足は、バルドルではなく、おっさんのニョルズだったw
二人はがまんして夫婦になったけれど、スカジはスキーの神といわれるだけあって山が好き。
ニョルズは「ニョルズの海」と歌われる海運業や漁業の神。
海の神と山の神だ。
結局、別居状態となる。
(スカジはオーディンと再婚してノルウェー王家の始祖と記されるサガもある)
 
別居とはいえ、大切な場面にはちゃんと妻としてそばにいる。
それでこのロキへの刑が執行される時にも居合わせてるんだね。
  
ロキへの刑罰にスカジが添えた。
 
スカジ

 
これが巨人の血。
ニョルズと結婚してアース神族となったわけだが、残忍な血が騒いだという設定なんだろう。
(スカジ Skaði は「害、死」を意味する男性名詞と同形)
毒ヘビも自らとってきて、ロキの縛られてる岩の上にのびる木の枝に縛り付け、
その毒がロキの顔にしたたるようにしたんだ。
 
実はスカジ、ロキとベッドを共にしたことがある。
研究者は巨人の血による酷薄とするけれど、女の恐い面が出てるだけのようにケバダチは感じてる。
ロキはアースガルドを飛び出す前に、アース神たちの宴会でさんざん悪口を言った。(エッダ「ロキの口論」)
スカジはロキをベッドに誘い、どれだけご機嫌だったかをばらされた。
他に不倫をばらされた神もいるんだけれど、スカジはこの時とばかりに復讐したんじゃないかな。
恐いよ。女ってw

岩に縛られるロキ
「ロキ」1870年頃、D. ペンローズ
 
それでロキの妻シギュンは、ロキの側に寄り添い、洗い桶でその毒を受け止め、
ロキの顔に落ちないようにするんだ。
 
Loki,_by_Mårten_Eskil_Winge_1890
「ロキとよりそうシギュン」1863、M. E. ヴィンギャ
 
でも毒がたまれば捨てに行かなくちゃならない。
その間は、ロキの顔に毒がしたたりおちる。
すると彼は猛烈にもがくので、大地が震える。これを、お前たちは地震と呼んでいるのだ。
 <「ギュルヴィの惑わし」50章より>

 
ロキが毒に苦しみもがくのが地震だったのね。
311とその後しばらく、地震が頻発して恐かったよね。
ロキ、かなり長いこと毒を浴び続けてたのかなw
シギュンったら、毒を捨てに行って、知り合いにあって話し込んでたのかしらw
 
1024px-Lokes_straff_ida_matton_1923_stockholms_stadshus.jpg
「ロキの罰」1923、I. マトーン、ストックホルム市庁舎
  
こうしてロキはラグナロクまで縛られたままとなった。
ロキの絵は色々あるんだけど、この罰を受けている絵や像は裸だね。
裸で刑を受けたんだろうか。
寒い北欧地域で裸のままは辛そうだ。
しかもラグナロクは大いなる冬から始まる。
太陽が照らない、夏が来ない冬が3度続くんだ。
よく凍死しなかったもんだ。
  
そのラグナロクは次に。
 
 
ケバダチNOW

何でも自分で作れると思ってて、失敗してもへこたれない
ケバダチです♪
チャート式パペガ占い
あなたは戦闘民族?
コレクター?
それとも一般人?


★チャート式パペガ占いはここ★

ユーザの参加型月刊誌

みんなでつくる
おふざけパペマジ誌

■ここをクリック
Arty誌本サイト

■ここをクリック
Arty情報まとめサイト
参加することが遊ぶこと。
何に参加できるかは情報サイトをチェック!

4コマ主な登場モンスター
■ここをクリック
最新記事

◆全ての記事を一覧表示する◆

カテゴリ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ランキング
パペットガーディアン・攻略ブログ
掲示板
リンク
当ブログはリンクフリーです
(確認メール不要)
下記のバナーもコピーしてご利用下さい

バナー

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム